ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太と玉次郎を溺愛する毎日
MENU

真夏の夜の水族館。

朝早くから2匹でドタバタと部屋中を走り回る足音と、しつこく追いかけてくる次郎くんを威嚇するニャンちゃんのシャーッ!という怒声に起こされました。しょうがないので眠い目をこすりながらチューチュービームで少し遊んであげたら数分後に次郎くんの口が開きましたw。開いた口からちらっと見えるちっちゃなキバが可愛いこと♪
20180721-IMG_0207.jpg

肩とお腹を上下させて荒い息。少々オーバーヒート気味かな?と思ったけど鼻がまっピンクにはなってないからまだ余力がありそうです。この後すぐにトイレに走って行ってウンチ💩しましたw。ちなみに、前回はゼーハーゼーハーした後に毛玉吐きました・・・。
20180721-IMG_0210.jpg

先日、仕事を終えて帰宅してからカメラを持って出直して、マクセルアクアパーク品川に行ってきました。目当ては夜のイルカショー。薄暗い夜のプールに、プロジェクションマッピングで浮かび上がる幻想的な照明に照らされて、水面から飛び上がるイルカたちの躍動感がすごく素敵。
20180718-IMG_9750.jpg
20180718-IMG_9672.jpg
20180718-IMG_9701.jpg
20180718-IMG_9712.jpg

暗い室内での動き物撮影、フルサイズセンサーと明るいレンズの性能を思う存分に発揮する絶好のシチュエーションにテンションが上がり、気がついたらもう少しで閉園時間の22:00。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
20180718-IMG_9808.jpg
20180718-IMG_9817.jpg

浴衣姿の飼育員のお姉さんとその弟子のイルカたち。
20180718-IMG_9643.jpg

クラゲの水槽コーナー。
20180718-IMG_9849.jpg

ウミガメが夜食を食べてました。
20180718-IMG_0049_2018072109255013e.jpg
真夏の夜の水族館、涼しくてとても良いです。

スポンサーサイト

α6000の思い出。

6D mark2を購入してからというものほとんど出番がなくなってしまったα6000、サブ機として撮影に持ち出したのもほんの数えるほどで、使用機会が激減したまま防湿庫の隅っこで余生を送っておりましたが・・・、先日、新しいレンズの購入資金に充てるために手放しました。某ヨドバシカメラに持ち込んで査定してもらったら思いのほか良い値がついたのでそのまま下取りに出しますた。
P1050465.jpg

昨年の8月に6D2を買うまでにおよそ8万ショット、最終的には81472ショット。途中でシャッターボタンが故障して延長保証を使って修理したりと、十分に使い倒したつもり。3年と4ヶ月の間どうもありがとう。
スクリーンショット 2018-05-02

思い返せば2015年に世界文化遺産登録された軍艦島に行ってみたくて冬休みに長崎に旅行に出かけて、せっかくだから良いカメラで写真撮りたいなーと思って買ったα6000が、カメラ趣味、そしてレンズ沼への入り口。そんなα6000で撮った思い出の写真をいくつか。

軍艦島クルーズの船上から。今になって見るとキットレンズの写りはどうもシャッキリしないイマイチな感じで、所詮はキットレンズだよなーと思いますが、このときはなんて綺麗に写るんだろうと感動しますた。
DSC02815.jpg

こっちは長崎の街並みをピクチャーエフェクトのミニチュアモードで。
DSC02992.jpg

近所のボス猫ダマちゃん(雌)。地域猫として皆に愛され去年の12月天国へ旅立ちました。
DSC05106.jpg

塔ノ岳山頂、標高1491mに暮らす野良猫。
DSC09235_20180513193706bc5.jpg

趣味の変遷とともに乗らなくなってしまいましたが、ロードバイク初号機ガリレオ2007年モデル。
DSC05799.jpg
これら3枚はSEL50F18で撮影(このレンズはもう既に売却済み)。
明るい屋外で撮ればこのようにまったく文句のつけようがなく綺麗に写るα6000ですが、暗い室内での高感度撮影は苦手。そこで部屋の中でニャンコを撮るために高感度に強いフルサイズ機への移行を決意したのでした。

乗らなくなったからロードバイクを手放そうと思っても、いくら新品価格が高額なカーボンフレームでも中古買取価格なんて二束三文どころかゴミ同然。それに比べてカメラやレンズは中古品でもモノによってはかなりの高値で取引されているわけで、リセールバリューを考えると資産価値という意味ではカメラ趣味はそれほどコスパが悪いわけではなさそうだぞと・・・いかにもレンズ沼にはまったヤツが言い出しそうな言い訳(屁理屈)を考えつきましたww。

α6000を下取りに出して何を買ったのはまた次回・・・。つづく。

富士スピードウェイで流し撮り。

繁忙期に入りブログの更新が少々滞っておりますが、ちょっと前の話。先週の日曜日、カメラの先生林さんに富士スピードウェイへ連れて行ってもらい、SUPER GTの練習走行を撮影しに行ってきました。レンズはEF70-300mm F4-5.6 IS II USMをほとんど望遠端300mmで、目の前を爆音を轟かせて走っていくGTカーをひたすら連写して流し撮り。あまりの爆音のため隣にいる林さんと千代ちゃんと会話するのも大声で怒鳴らないと聞こえないくらいの大迫力の排気音。すっげー格好良い!

フルブレーキングでフロントのブレーキローターが真っ赤に焼けてる!


路面を暗めに、車体は明るく、そして水平を無視してあえて斜めに傾けるという先生からのアドバイスにしたがってLightroomで現像してみると、なかなかそれっぽい写真に仕上がりました♪。まずは全体の露出を-1とか-1.5くらいの暗めにして、車体だけを+1くらいの明るめに補正。そして大胆に斜め構図にトリミング。さらにかすみの除去をテキトーに効かせると・・・おー、なかなかいい感じ!
20180325-IMG_2160.jpg
20180325-IMG_2178.jpg
20180325-IMG_2249.jpg

生粋のレーシングカーに混じってプリウスが。でも後で調べたらこれって市販車のエンジンではなく、3.4LのV8エンジンを搭載、駆動方式もFFからMRへ変更という大改造が施されているそうです。
20180325-IMG_2690.jpg

そーいえば、むかし自転車(ロードバイク)に夢中になっていたときに、このコースをチャリで44周走ったっけなー(遠い目)。後半はこの登りがキツイんだ・・・。思い出したら心拍上がって太モモに乳酸が溜まってきたw。
20180325-IMG_2861.jpg

流し撮りのシャッタースピードをいろいろ試してみたところ、1/100以下ではブレ過ぎて、1/200以上だと今度はあまり背景が流れなくなってしまうので、1/125とか1/160あたりが良いみたい。
20180325-IMG_2353.jpg
20180325-IMG_3506.jpg
20180325-IMG_3850.jpg

夢中になってバシャバシャ連写していたら11:00の時点で64GBのSDカードがいっぱいになってしまいました(泪)。午前中の練習走行を終えてピットに戻ってくるマシンをメインストレートの観覧席から撮ろうとしたらシャッターが降りなくなっちゃって、あれれ?と思ったら背面液晶にこの表示・・・。本日の撮影終了のお知らせw。まだバッテリーは目盛り1つしか減ってないのにSDカードが先に終わってしまうという、、流し撮りには予備のSDカード必須という教訓。
20180325-IMG_1921.jpg
おうちに帰って写真をパソコンに取り込んでみたら、この日の撮影枚数は2200枚オーバー。そのうち使い物になりそうな写真がおよそ20枚くらい。打率はおよそ1%といったところ。流し撮り楽しいなー。おかげさまで撮影テクと現像スキルが少しレベルアップできたかも。そして気になるのが、これをキャノンのフラッグシップ機で撮影したらどれくらい打率が上がるだろうか?というところ。誰か5D4と白レンズ貸してくださいw。

月齢3ヶ月、1350g

次郎くん、今日でちょうど月齢3ヶ月、体重1350g。ニャーニャー通信社(略してN通)の過去ログを読み返してみると、ニャンちゃんはちょうど3ヶ月のときに1360gだったので、ほとんど同じ体重。次郎くんの場合はペットショップにいたときにすこし食が細かったり、お腹を壊していた時期があったりして、スタートダッシュではニャンちゃんに負けていたけれど、ここ最近は本当によく食べるようになって、かなり盛り返してきました。このままいったら追い抜きそうな気もします。
20180215-IMG_9303.jpg

外付けHDの中を探してニャンちゃんのちょうど月齢三ヶ月のときの写真を見つけてきました。ちっちゃいなー。
DSC08398.jpg

気の強そうな顔立ちの次郎くんに対してニャンちゃんのおっとりした表情。この3ヶ月の時点で、早くも両者の性格の違いがハッキリと顔つきに現れているのがとても面白い。
20180215-IMG_9329.jpg
DSC08212_2018021522344314a.jpg
20180215-IMG_9320.jpg
DSC08259_20180215223447a21.jpg

台所のストッカーの上で同じような感じの写真がありました。そういえばチビのころのニャンちゃんはなぜか台所が好きでしょっちゅう台所に出入りしてたっけ。。
20180215-IMG_9317.jpg
DSC08409.jpg

こうして見比べてみると、ニャンちゃんと次郎くんの違いよりも、カメラ&レンズの性能差による写真の出来栄えの違いにどうしても目が行ってしまう…。とくに、暗い台所なんかで撮った写真では写りの違いが歴然。

ニャンちゃんの子猫時代から去年の夏までを撮影してきたα6000が、6D2を買うちょっと前に故障してしまい、SONY Eマウントのレンズを全て手放して新しいカメラの購入資金の足しにしようかとも考えましたが、そういえばヨドバシの延長保証に入っていたことを思い出して修理に出しまして、今ではサブ機として意外と活躍しています。

今週月曜日の祝日は、とあるスポーツイベントの撮影に行く機会がありまして、右肩には望遠ズームをつけた6D2、左肩には広角単焦点をつけたα6000をぶら下げて、メイン機とサブ機の2台体制で臨んだところ撮影がすごく捗りました。ただし、ミラーレス機のα6000はバッテリーの消耗が激しくて、使ってない間に電源OFFするのをうっかり忘れていたらまだ数十枚しか撮ってないのにあっという間にバッテリー切れ(泪)。感動的なシーンがやってくるまで待機している時間が多い本格的な撮影では、信頼性という点においてはやはり一眼レフのほうが有利だなと思った次第。

そんなわけで、家の中でも2台体制で撮影してみました。お気に入りの魔法のレンズ135mmF2をつけた6D2と、信頼と実績の24mmF1.8(これは35mm換算では36mmの画角)をつけたα6000。
IMG_1583_201802152235056ae.jpg
家の中で2台使って撮影していて気が付いたこと。α6000のISOオート時のISO上限値の設定が最高1600になっておりまして、片や6D2のほうはISO上限値12800。この数字って、自分が何千枚、何万枚と撮った写真を見て、これ以上ISO感度が上がっちゃうと画質が荒れて無理かもなーと思ったところを自分の感性が決めた数字。α6000の場合はISO2500でもなんとかいけるので、そこは安全マージンを考慮しての上限値ISO1600。6D2のほうはISO25600でも多分いけると思うのですが、家の中で猫を撮るにあたり別にそこまで高感度を必要とすることもなかろうということでの上限値ISO12800。
両方のカメラでそれぞれのISO上限値で撮った写真を見比べると、やはりノイズの乗り加減が同じような感じ。つまり、高感度画質を比較すると、2014年発売α6000のAPS-CセンサーのISO1600と、2017年発売6D2のフルサイズセンサーのISO12800がだいたい同等という検証結果。(あくまでも僕個人の感想だよ)。「高感度におけるAPS-Cセンサーとフルサイズセンサーの性能差」というここ1〜2年の疑問というかもやもやに自分なりの解答を見つけることができてとてもスッキリしますた。(3年前の機種のセンサーと現行機種を比べるのはちょっと無茶な話なので、最新のAPS-Cセンサーだったらここまで大きな差はないと思いますが)

インスタグラムはじめますた。(中の人は奥さんです)
Instagram

今日のニャン玉。

ニャン太と玉次郎、2匹あわせてニャン玉。
次郎くん、お腹の調子はぜんぜん問題なさそうで今日もコロンとした良いウンチ💩でした。良かった良かった。乳酸菌ゴールドが効いたのかなー。
アートボード 6-01
アートボード 7-01
アートボード 8-01
忙しいっていったい・・・?

水飲み場にこっそり水を飲みに来た野生動物みたい。(目つきが悪いw)
20180213-DSC00440.jpg

と、そこへライバルの動物も水を飲みに来て、にらみ合いが発生。
20180213-DSC00441.jpg

オレンジ色のベッド(通称かぼちゃベッド)は次郎くんがけっこう気に入って使ってくれています。
20180213-DSC00451.jpg

加湿器の蒸気で遊ぶチビ。そういえば、加湿器を導入したのはニャンちゃんが大きくなってからなので、ニャンちゃんが加湿器にイタズラしてるところは見たことがなかったかも。
20180213-DSC00452.jpg
20180213-DSC00453.jpg

微妙に被写体ブレしちゃったけど可愛く撮れたなーと思ったお気に入りの一枚。PCの壁紙にしました。
20180213-IMG_8901.jpg

猫ドリルw
20180213-IMG_8904.jpg

ニャンちゃん日向ぼっこ中。いちばん寒い季節ももうすぐ終わり。ガソリンスタンドにポリタンク持って灯油買いに行くのもこれで最後かな…。
20180213-IMG_8991.jpg
20180213-IMG_8975.jpg

NikonおじさんとCanonおじさん。

昨日の話。カメラの先生、林さんが新しいカメラ(Nikonのフラッグシップ機)を買ったので、NikonおじさんとCanonおじさんの2人で街角スナップ撮影に行ってきました。
IMG_2098 (1)
IMG_2114.jpg

いまだにバラック建築が残っている貴重な風景。こういう古い街並みは再開発が進むとそのうちなくなってしまうので、現存する間に写真に撮って記憶に残しておきたいなと思うのです。
IMG_1949 (1)
IMG_2024_20171231234153c9b.jpg

ここに行けば必ず可愛いニャンコに出会えるお気に入りの撮影場所。人馴れしてるのでとても撮影に協力的。
IMG_2283.jpg

次の2枚は林さんが撮った写真を拝借。赤茶けた金属の色合いと猫の黒白がどうしても目で見た記憶のとおりにならないなーと思っていたら、先生がばっちり撮ってくれてました。
DSC_2006.jpg

おまけ。近すぎてシャッター切れないよー!(犬を撮影しているとわりと良くあること・・・)。
DSC_1876.jpg

子安浜・浦島町 その2

前々回の続きです。撮りたかったのはこの写真。
年季の入った漁船とバラック造りの作業小屋、ディーゼル燃料の匂いが漂う運河の水面、朽ち果てた沈没船、そしてその背後には近代的な高層マンション群と首都高速神奈川1号線。昭和と平成のコントラスト。
IMG_8786.jpg

反対側を眺めるとこれまた同じような光景で、運河に沿って漁船がたくさん停泊しています。
IMG_8767.jpg

この沈没船はいつからこのまま放置されているのだろうか。
IMG_8744.jpg

首都高の下から。
IMG_8291.jpg

ちょっと加工してみました。
IMG_8278.jpg

ニャンちゃんポートレート。

135mm F2でニャンちゃんのポートレート撮影。
IMG_3116.jpg
カメラ趣味を始めて間もない頃にこのレンズで撮ったとある1枚の作例を見たのがきっかけで、それ以来ずっとこのレンズへの憧れが頭の片隅から離れないまま、最終的にCanonを選んだのはこのレンズを使いたかったから。発売されたのが1996年という20年以上も前なので、そろそろリニューアルの噂もあったりして新型を待つか迷うところなのですが、新型が出たらまたそのとき考えるw。ということで赤い線の入ったレンズ2本目はEF135mm F2L USM。ピントの合った目の周りは毛の1本1本まで数えられそうなくらいくっきりで、ピント面から外れるにしたがい一気にボケていき、背景は境界線や輪郭がほとんど無くなり色だけが残っている・・・みたいなこのやわらかい描写がもうやみつき。

IMG_3113.jpg
人物を撮ろうとすると135mmは室内では長過ぎて使いにくいと思いますが、対象がニャンコの場合は室内で135mmはちょうど良い焦点距離。これだとちょっと離れたところから狙えるのでニャンコの自然な表情が撮れそうです。最短撮影距離90cm、最大撮影倍率0.19倍と、望遠単焦点レンズのわりには意外と寄れるので、ニャンコの顔をアップで撮れるのも良いところ。(4回前の記事から全部このレンズで撮った写真を使ってます。)

掛川花鳥園に行ってきました。

先週の日曜日、カメラの先生と掛川花鳥園へフォト練に行ってきました。先生の車にカメラ女子2人とカメラ男子2人、東名を爆走すること往復400km!ちょっと遠かったけど、「花と鳥とのふれあいが楽しめる」というキャッチコピーの通り、鳥との距離が近くてとても楽しいテーマパークでした。レンズは24-70mmと70-300mmの2本のズームレンズを持って行ったんだけど、柵とか檻があんまりなくて鳥との距離が近いので50mm単焦点も持っていけば良かったな思いました。

まずは芸達者なフクロウ。6D mark2のAF性能のおかげでこういう写真がわりと簡単に撮れちゃいます♪
IMG_0318.jpg

ヘビクイワシのキック!
IMG_0718.jpg

にっこり。(^ ^)
IMG_0939_2017091609110956c.jpg

昼食は園内のレストランでバイキング。トリの唐揚げが食べ放題ですw。
IMG_0958.jpg

地面をトコトコと歩くフクロウがとても可愛い。
IMG_1174.jpg

バードショーでのペンギンジャンプ。こういうのを撮るにはやはり300mmズーム必須。
IMG_1260.jpg

ハヤブサが鳥使いのお姉さんの腕に着地する瞬間。急に目の前に飛んでくる動きものを撮るのは難しかったけど、1枚だけ良いのが撮れてました♪
IMG_1294_2.jpg

動かないことで有名なハシビロコウ。でも意外と歩き回ってた(笑)。
IMG_1556.jpg

新江ノ島水族館と江ノ島の猫 その1。

午前は新江ノ島水族館でお魚の写真を撮って、午後は江ノ島で猫を撮るというフォト練。6Dmark2を発売日に購入してからおよそ一ヶ月、24-70f2.8の写りが素敵すぎて&ズームが便利すぎるので結局こればっかり使っているため50mm単焦点レンズの出番があまりないという・・・さすが大三元ズーム♪。でかいレンズの重さにもすっかり慣れました。イルカショーとウミガメだけEF70-300 F4-5.6 IS IIで撮ってます。

コブダイ。しばらく眺めていたら大きく口を開けるタイミングに規則性があることに気がついたので、水槽の前で5分粘って撮った1枚。
IMG_8955.jpg

イルカがジャンプしたときに背景に江ノ島が写っているほうが良いに違いないと思いついて、イルカショーの始まる直前に右側の観客席へ移動しました。思惑通り♪
IMG_9595.jpg

ちょっと大きくなったシラスとか、透明のお魚とか。
IMG_9106.jpg
IMG_9376.jpg

子供のイカ。
IMG_9023.jpg

新江ノ島水族館はクラゲの水槽が充実してるのが良いです。年間パスポートほっすぃなー。
IMG_9270.jpg
IMG_9386.jpg
IMG_9143.jpg

もう一枚イルカジャンプと海ガメ。
IMG_9639.jpg
IMG_9686.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。