ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太さんを溺愛する毎日
MENU

6D Mark IIのバリアングル液晶+タッチフォーカス&タッチシャッターが便利すぎて野良猫の撮影がめっちゃ捗りそうな件について。

地面で寝っ転がっている野良猫発見!さっそくバリアングル液晶をドヤ顔を決めながらw、ぱかっと開いてくるんと回転させて、ライブビュー撮影開始。しゃがみこんで左手でレンズの下を持って地面すれすれでカメラをホールド、右手人差し指で液晶画面にタッチして、タッチシャッターで軽快にパシャリ♪という場面をイメージしてミニ三脚を使って再現してみますた。
P8140133.jpg

そしてこちらが実際に地面に寝っ転がっている近所の野良猫に出会ったときの写真。真夏の炎天下、川沿いの砂利道を歩いていると前方の木陰でお昼寝しているニャンコを発見!まずは遠くから物音を立てないようにそっと近づいて、ファインダーを覗いて画面右側1/3にニャンコがおさまるように三分割構図を意識してw、落ち着いて構図を決めてから測距点を右端に動かしてパシャリ。
IMG_1477.jpg

まだ気づかれてないようなので慎重にもうちょっとだけ近づいてから、バリアングル液晶をドヤ顔を決めながらwぱかっと開いてライブビュー撮影を開始したところ・・・、この日つけてた24-70F2.8のレンズは片手で持つには重すぎて左手がプルプルするww。そして真夏の太陽光が眩しすぎて液晶に何が写ってるのかぜんぜん見えねー!www。しょうがないので真っ白になって何も見えない液晶を当てずっぽうでタッチ(笑)。ノールックバリアングル撮影でも意外とよく撮れてました。
IMG_1479.jpg

ノールックバリアングル撮影で何枚か撮っていたらとうとう気づかれてしまいました。
IMG_1481.jpg

かなり警戒されていますが、そのままじりじりと近づいて、これ以上行くときっと逃げちゃうなーというギリギリのところで最後の1枚。F2.8だと背景ボケすぎちゃった。ちょっと残念。フルサイズセンサーのF2.8って想像していた以上にかなり強烈にボケるので、もうちょっと絞って撮るように気をつけようと反省したのでした。
IMG_1482.jpg
そして家に帰ってからマニュアルを読んでいたら、液晶画面の明るさを変える設定を発見しました…。おしまい。

スポンサーサイト

6D mark IIの高感度とAF性能

ニャンコプターを追いかけてダッシュするニャンちゃんを撮影。暗い室内で近いところを高速移動するニャンコを撮るのは、イルカのジャンプを撮るよりはるかに難しく、自分としては最高難易度。蛍光灯の明かりだけの室内で走り回るニャンコを撮るための設定は、Mモードでシャッタースピード1/800, 絞り開放F2.8, 焦点距離は望遠端の70mm, ISOオートの上限値12800, そしてここが重要、カメラの大先生に教えてもらった、AF測距点は中央1点。(それまでは測距エリアは大きいほうが良いだろうと漠然と思い込んでゾーンAFとかを使ってました。)

カメラの設定が済んだところで、奥さんはニャンコプターを準備してニャンちゃんと一緒におばあちゃんの部屋で待機。部屋の中でニャンちゃんの姿が見えたらニャンちゃんにピントを合わせて準備OK。あとは奥さんに合図を送ってニャンコプター発射!ニャンコプターを追いかけてこちらへ向かってダッシュしてくるニャンちゃんの顔に中央一点の測距点が向くようにカメラを振りながらシャッターを押し続けて連写。文字にするとこんな感じですが、じっさいにはシャッターを押し続けている時間はたぶん1秒あるかないか。これをニャンちゃんの持久力&集中力と相談しながら5往復くらいダッシュを繰り返してもらったら・・・完璧な6枚が撮れてしまいました!
IMG_3623.jpg
IMG_3624.jpg
IMG_3625.jpg
IMG_3626.jpg
IMG_3627.jpg
IMG_3640.jpg
6D Mark II + EF24-70mm F2.8L II USM (ISO12800, 1/800, f2.8)

α6000ではISO3200を超えるともうダメでしたが・・・、こちらはISO12800でもこの画質!撮影目的によってその人が許容できるISO感度はばらばらであるということを最近知りました。カメラの大先生によると、ポートレートを撮る場合はフルサイズ機でISO800までなんだとか。光源が天井の蛍光灯だけの夜の室内で、走り回るニャンコを追いかけるという自分の撮影目的ではこのとおりISO12800はぜんぜん余裕、もう少し上がっちゃってもまだまだいけそう。

むしろこのカメラにとってはISO12800なんてのは高感度でもなんでもない普通のことなんじゃないかとさえ思いました。カタログに書いてある常用最高ISO感度40000は確かに嘘偽りなしかも。(ISO40000は怖くてまだ1度も試していませんがw)。そして地味に期待していたフリッカーレス撮影がとても快適。α6000で連写すると蛍光灯の明滅が原因の露出ムラがけっこうひどかったですが、フリッカーレス撮影をONにしておくと、露出ムラがなくとても綺麗に連写できます。いちばん期待していた高感度はクソ強いし、AF性能も自分にとっては必要十分な速さと精度。購入してからちょうど一週間、6D2期待通りに室内猫撮りには最高なカメラです♪

6D mark2の高感度性能。

水族館での試し撮りその2。水族館と苔とモノ撮りはマイナス補正!ということで、暗いところが暗く写るようにすべて露出補正-1で撮ってます(レンズは24-70 f2.8)。

クマノミの動きは素早いけれど水槽がわりと明るいので意外と撮りやすかったです。
IMG_2351.jpg
ISO1250, 1/400, F2.8

IMG_2356.jpg
ISO1000, 1/400, F2.8

こちらは深海魚コーナー、水槽はかなり暗め。でもこの赤いお魚の動きがゆっくりなのでこれも撮りやすかった。
IMG_2184.jpg
ISO12800, 1/160, F2.8

その場でじっとしているエビは楽勝。赤い殻に白い水玉模様がとても綺麗。
IMG_2276.jpg
ISO500, 1/160, F2.8

本物のチンアナゴ、はじめて見た!うちのニャンちゃんがおばあちゃんの手からオヤツをもらう仕草がたまにチンアナゴみたいなときがあります(笑)。穴の中から出たり入ったりを繰り返していて、じっとしている一瞬を撮るのが意外と難しい。あと細くて小さいからピント合わせづらいし。。
IMG_2289.jpg
ISO1250, 1/160, F2.8

水槽のフレームが写っちゃって惜しいんだけど、このハコフグ?はしばらく待っても水槽の中央には来てくれなかった。すみっこが好きなの?
IMG_2312.jpg
ISO6400, 1/400, F2.8

6D2の高感度性能を試してみたくて水族館へ行ったのですが、比較的上手に撮れたのだけを選んで載せたら、結果的に明るめの水槽や動きがゆっくりで思ったよりISO感度が上がっていない写真ばかりになってしまいました。ちなみに、暗い水槽で動きの速いお魚はボキのスキル不足で玉砕しますた(泪)。それでもこれだけ撮れたのは6D2のハードウェア性能のおかげとしか言いようがありません。このときはISOオートの上限値を12800としていましたが、あとで撮った写真を見ていたら上限値25600で勝負しても良かったかなと・・・。

6D mark2のAF性能。

水族館へ試し撮りに行ってきました。
IMG_2388.jpg
IMG_2524.jpg
IMG_2487.jpg
IMG_2529.jpg
イルカがジャンプしたら、狙ってシャッター押して連写するだけでこの成果♪すげー!と思ったのですが、あとになって冷静に考えてみると、晴天屋外の十分に明るいところで大きめの動きモノを撮るというのは、撮影条件としてはぜんぜん難しくないということに気がついた・・・。とは言っても、イルカが飛び出してくるところをあらかじめ予測して待ち構えるとかそういう準備はまったく無しで、イルカがジャンプしてからそっちにカメラを振ってシャッターを押しても一瞬でピントが合う爆速AFと、何枚撮ってもピントの外れたイルカがほとんどいなかったというAF精度の高さに驚愕しました。

暗いところがとっても綺麗。

奥さんプリン食べながら顔出しでは初登場ですが、極上のふわとろ背景ボケのせいで顔の判別まったく不可能w。F2.8でもここまでボケる、そして暗い部分がとっても綺麗。北西向きのボキの部屋、午前中は本当に暗いんです。今まではその暗い部屋をいかに明るく撮るかを考えて苦心していたのですが・・・、
IMG_0710.jpg
6D Mark II + EF24-70mm F2.8L II USM

いままでのカメラではどんなにがんばってもぜったい無理!という写真がいとも簡単に撮れてしまいました。やっぱり写真は腕じゃなくて機材だぬ。
IMG_0713.jpg
6D Mark II + EF24-70mm F2.8L II USM

6D mark2とEF50mm F1.4 USM

キャノンから6月29日に発表があったその日の会社帰りにヨドバシで予約して、8月4日の発売日に6D mark2を手に入れました。この1ヶ月とちょっとの間が長かったこと・・・。

いままで2年半の間愛用してきたAPS-Cセンサーのα6000は暗い室内での撮影はちょっと苦手、室内猫撮りがメインなので次は高感度に強いフルサイズ機。外で野良猫なんかを撮影する場合は下からのアングルで撮ることも多いので、チルトやバリアングルの液晶必須。また、ミラーレスからカメラを始めてミラーレス機しか知らない自分としては、イメージセンサーが捉えた景色を小型の液晶に電子的に投影するEVF(electric viewfinder)ではなく、ミラーとプリズムを通して生の光がそのまま目に届く光学ファインダーを覗いてみたい。そして、今まで軽いミラーレス機しか使ったことがないのでクッソ重たい一眼レフを持ち運ぶのはちょっと無理かもと思うと軽いに越したことはない、というより軽さは正義。さらに、部屋の中を走り回るニャン太を捉えるためにはある程度以上のAF性能が必要。かつ、純正・サードパーティから、単焦点・ズームともに豊富なレンズが選び放題のマウント。要約すると、AFがそこそこ速くて稼働液晶を備えた軽いフルサイズ一眼レフがキャノンかニコンから発売されたら速攻買う!と思っていたのでした。

フルサイズセンサーならではの大きなボケと極薄ピント面。フルサイズ機を買ったらこういう写真が撮りたかった。解放で闇雲に撮っていたら、どこにピントがあってるのかわからないピンボケ写真を量産しましたw。
IMG_0511.jpg
F1.4

ちょっと絞るとピントの合う範囲がほんの少し広がって扱いやすくなった感じ・・・のはずだったんだけど、画像をリサイズしてブログにアップしたら違いがぜんぜんワカラネー。とくにスマホの画面で見るとまったく同じ写真に見えるかも。ごめんなさい。
IMG_0515.jpg
F2

いままでSONYユーザーだったのでキャノンのレンズ持ってません。なのでボディと一緒に買うレンズはどれにしようかと、夜な夜な妄想に妄想を重ねる毎日でしたが、その妄想の中から選んだ2本のうちの一つがEF50mm F1.4 USM。軽量ボディに軽いレンズを組み合わせて実測1061グラム。この組み合わせだとフルサイズ一眼レフとは思えないくらい軽くてコンパクトサイズ。片手で持っても手ブレしにくい軽さなので取り回しがとても良いです。とくに、バリアングル液晶を使ってタッチシャッターで撮影するときなんかは、右利きのボキは左手でレンズの下を持ってカメラをホールド、右手人差し指で液晶画面にタッチしてシャッターをパシャリ。こんなときに軽いと持ちやすくて手ブレしにくいのでとてもグッド!
P8050517.jpg
6D Mark II と EF50mm F1.4 USM
レンズプロテクターは6D Mark IIのロゴの色にあわせて、敢えてシルバーをチョイスしてみました。口径58mmの大きさだとシルバーのカラーバリエーションのあるプロテクターって一種類しかなかった。。

3人で腕比べ。

カメラの発売日に合わせて夏休みを取ったボキは昨日からしばらくこの先お休みです♪
さっそく新しいカメラを発売日にゲットして、マニュアルを2時間熟読してようやく操作方法がわかってきたところで家族3人で腕比べしてみました。

おばあちゃんの作品。おばあちゃんはiPhoneのカメラ程度は使ったことはありますが、デジイチなるものには全く触ったこともありません。おばあちゃんの首に無理やりストラップをかけてカメラを構えてもらったら、たぶん両目でファインダーを覗いてた(笑)。そんなおばあちゃんに、「シャッターボタンを半押しして中のフレームが赤くピカっと光ったらピントが合った合図なので、そしたらシャッターボタンを最後まで押し切ってね。」とテキトーな説明をして、何枚か撮ってもらった中の1枚。
IMG_0298.jpg
6D Mark II + EF24-70mm f/2.8L II USM (ISO5000, 露出補正+1, 1/160, F2.8)

次は奥さんの作品。奥さんはオリンパスOM-D E-M5 IIとパナライカ25mm F1.4を愛用してます。当ブログのニャンちゃん写真の20%程度はこのカメラとレンズを使った奥さんの手によるもの。窓際の明るいところと右手前の暗いところの明暗の差が大きいけど綺麗に写るなーと感心しました。
IMG_0039.jpg
6D Mark II + EF24-70mm f/2.8L II USM (ISO1600, 露出補正±0, 1/40, F4)

そして最後はボキ。ニャンちゃんお目々がくりくりきらきらでかわいいねー。
IMG_0212.jpg
6D Mark II + EF50mm f/1.4 USM (ISO2000, 露出補正±0, 1/80, F2.8)

フルサイズセンサーと赤い線の入ったレンズがなんかもういろいろ凄すぎてどうしていいかわからない感じ・・・。

カメラ壊れました…。

6月の終わりに新しいカメラを予約して、発売日を待つ間にレンズは何を買おうかと妄想に妄想を重ねている今日このごろですが、そんな絶妙なタイミングで、今まで愛用してきたα6000がとうとう壊れました。
P7250436.jpg
電源を入れると常にシャッターが半押しになっている状態で、緑色の測距点がフォーカスを求めて常にチカチカとさまよっています。シャッターは切れますがこの状態ではシャッター以外のボタンがまったく反応しません。以前にも同じ症状になったことがあって、シャッターボタン周りを叩いたりして物理的な衝撃を与えたらそのときは運良く直りましたが、今回はもうダメみたいです。

ヨドバシで購入してからおよそ2年半、シャッターを切った総数は80357ショット。
スクリーンショット 2017-07-23壊れるまで使い倒して十分に元はとりましたが、新しいカメラを予約した後では、修理代を払って修理してもう一度使うほどの愛着は湧かないので、そうなるとSONY APS-C Eマウント用のレンズ4本をどうするかというのが悩みどころ。きっとこれら4本は下取りに出して、今後赤い線の入ったレンズを買うときwの購入資金に充てるというのがいちばん現実的なのかなぁ…。

ねえ、ニャンちゃんどう思う?
DSC08390.jpg
うん、それがいいと思うよー(棒読み)。

新しいカメラがほっすぃ。

さっきまでおばあちゃんの部屋で寝ていたと思ったら、いつの間にか和室のお布団にやってきて、お気に入りの低反発枕の上でくつろいでいるニャンちゃん。これはシャッターチャンスと思って防湿庫からカメラを取り出し、ついていた24mmレンズを取り外して急いで50mmレンズに交換。いくら家ネコであってもあんまり近づいて撮影するとニャン太が構えてしまうので、自然な表情を撮るにはある程度離れてカメラを構える必要があるのです。そんなことをやっているとさっきまでいた場所にニャン太がいないー!なんてことがざらなので、レンズ交換しなくてもつけっぱなしで使える明るいズームレンズと暗所に強いフルサイズ機がほっすぃー!今回はレンズ交換が間に合ったのでかわいい表情が撮れました♪
DSC08513.jpg
α6000+SEL50F18 ISO2500 F1.8

バリバリバリ。

朝ごはん食べて2度寝して、目が覚めたらおもむろに爪研ぎ。バリバリバリ。このふっくらポテっとしたお腹がなんともかわゆす。
DSC06864.jpg
DSC06881.jpg

++++++++++

今日はこちらがメイン。
奥さんの趣味のアクセサリー作りについてはちょっと前の記事に書きましたが、マクロレンズの練習を兼ねて商品在庫の一部を撮影してみました。職場のお友達に口コミでお買い上げいただいてかなり好評のようです。
Untitled3.jpg
マクロレンズ撮影難しいなーー。今日は思いつきだったので夜の室内蛍光灯&テキトーな背景だったけど、次回はそのへんを見直してみようと思いました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。