ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太さんを溺愛する毎日
MENU

病院行った。

まずは新しいカメラで一枚。
操作できました。えっへん。



フィラリア予防の薬がなくなったので、病院に行ってきました。
三連休明けだったせいか、待ちネコ数は3匹。

土日に行くと、夫婦で一匹のネコを連れてきているケースが多い
=混んでるように見えるけどそれは人間が多いせい。
今回は平日だったので、待合室のイスは空いていました。

しかし!重篤患ネコ率高い?
なかなか順番が回ってきません。

ニャン太には帰ってからおやつをあげるつもりでいたので
お腹空いただろうな。緊張でそれどころじゃないか。
おまけにこの部屋寒いなーー。

「ニャン太……疲れたろう。ママも疲れたんだ。
なんだかとても眠いんだ……ニャン太……」


フランダースのネコごっこをしそうになりました。
(この先スマートフォンで撮影。先生の許可は取っています。)

20171013-3.jpg

約一時間半後、やっとお呼びが。「〇〇ニャン太さーん。」

先生に声かけを手伝ってもらい、何とかカメラ目線をもらおうとするも
あえなく撃沈。肉球じっとりのツリ目男子。

体重はまさかの5.78キロ。
ダイエットの指令が出るか!?と思いきやセーフでした。

ただ冬になると動かなくなるから、今のうちに遊んであげてね。と。

薬のヌリヌリ&体重測定・心音チェック・目と耳と口のチェックだけだと診察時間は数分。
残りの時間は「いかにニャン太がビビりか」というテーマでママ語る。

先生がニャン太に言い聞かせてくれました。
「みんな、ニャンちゃんかっこいいねー。って言ってるよ?
怖くなんかないんだよ??」

ぅぅ、ありがとうございます。
さすがニャン太チビ時代(1キロ未満時代ともいう)を知るお方。
いとこのお姉さん風味口調。

20171013-2.jpg

聴診器・・・ ますますドキドキする・・・

今年の病院はこれでおしまい(何もなければ)。
2018年のカレンダーを貰って帰りました。

我が家に到着後、おばあちゃんからちゅ~るをもらってほっと一息。
午後はぐーぐー眠って疲れを癒したようです。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。