FC2ブログ

ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子ニャン太と玉次郎を溺愛する毎日を綴る猫とカメラのブログ
MENU

去勢手術の翌日。

玉次郎くんの去勢手術翌日の今日は、術後の経過を見せにもう一度動物病院へ行ってきました。手術の経過は良好で土曜日には傷が完全にくっつくだろうから、あと2日間エリザベスカラーを我慢して着けておいてねとのことでした。
病院から帰ってきてもしばらくキャリーリュックから出てこない玉次郎くん、リュックの中で行き倒れてましたw。
20180830-IMG_2075.jpg

昨日はぜんぜん食欲が無さそうだったのであまり構わずにそっとしておきましたが、今日は甘やかしてあげなくてはと思ってカロリー2倍のエナジーちゅ〜るを与えたらなかなかの食いつき。少しは食欲戻ってきたかなー。
20180830-IMG_2110.jpg

次郎くん、寄り目寄り目!
20180830-IMG_2114-2.jpg

お兄ちゃんが後ろで物欲しげな顔をしてこちらを見ていますw。
20180830-IMG_2112.jpg

僕にもちょーだい。
20180830-IMG_2115.jpg

昨日遅くまで次郎くんに付き添ってくれたニャンちゃんにはご褒美のちゅ〜るあげるね。
20180830-IMG_2118.jpg

ごちそうさまでした。
20180830-IMG_2121.jpg
この後でカリカリをあげたらガツガツ食べてました。食欲も戻ってきたようでまずは一安心。

スポンサーサイト

次郎くんおかえり〜。

玉次郎くん生後9ヶ月半、体重4.6kg、本日去勢手術が無事に終わって夕方お迎えに行ってきました。
20180829-IMG_2030.jpg

お家に帰り着いてもまだ麻酔が少し残っているのかひたすらダルそうで眠そうで、さっきまでぐてーっと寝ていましたが、しばらくしたら目が覚めて、首に巻いたエリザベスカラーをいろいろなところにガツンガツンとぶつけながらいきなり家の中をダッシュで走り周り、洗面台に駆け上って飛び降りたり。これにはこっちが驚いて、カウンターの上でご飯を食べていたニャンちゃんもびっくりして逃げましたw。が、思うように動けないことを悟った次郎くん今度は完全にあきらめてフテ寝。それをちょっと離れたところから心配そうに様子を見ているお兄ちゃん。
20180829-IMG_2047.jpg

するとそろりそろりと近づいて・・・
20180829-IMG_2050.jpg

心配そうなこんな顔して次郎くんとこちらを交互に見ていました。いつもと明らかに様子が違う次郎くんのことがとても心配なようで近くでずっと見守っている、とても心優しいお兄ちゃんでした。次郎くん早く元気が戻ると良いねー。
20180829-IMG_2053.jpg

さっきから30分おきくらいに次郎くんの様子を見に来ては顔を覗き込んでたりしてます。よほど気になるみたいだねー。なんて優しいお兄ちゃん❤️。
20180829-IMG_2065.jpg

足して10キロオーバー。

飼い主なのに、2匹のごはん事情がよくわかっていない。。

ブリティッシュロングヘアーのミーコです。こんにちは。



相変わらず人のごはんに顔突っ込んでみたり、食べ残しを奪ってみたり。
まあ仕方ないですよね。こちらが勝手に大人用、子供用をそれぞれ
「はい、ニャンちゃん。」「はい、玉次郎くん。」と
あげているだけなのだから。

20180628-3.jpg

で、総量は増やしていないのにどちらも体重が増えている不思議。

20180824-1.jpg

そして日に日に近くなっていく2匹の距離。

20180822-1.jpg

さて。来週は玉次郎くんの去勢手術です。

前日22時以降は食事禁止。日付変わったら水も禁止。
1匹の時は何の問題もなかったけど、今回はニャン太兄さんがいます。

先生に相談したら「ニャンちゃんにも(水分禁止)付き合ってもらって、当日なるだけ早く
連れてくるしかないねー。」とのお返事。

かわいそうだけどそれしかない。
ニャンちゃん、普段7時にあげる朝ごはんはおばあちゃん監視下&別室かな。
夜の水分だけ我慢してもらおう。

で、玉次郎くんは朝イチでねこクリニックに預け、麻酔が切れたら連絡が来てお迎え(多分夕方)。
翌日は化膿止めの注射があるので再来院。
数日後、経過が良ければエリザベスカラーを外せる、と。

20180707-1.jpg

そしておばあちゃんが出勤する前にわたしが帰ってこないと
ニャン太さんがパニックを起こす予定。
まあまあきちんと予定を立てないとダメなやつです。

とにかく無事に終わりますように。
そして叶うなら、もう少しだけ大人しくなりますように。

全て先生と時の運にお任せなのでした。。

インスタグラムもあります。
Instagram
中の人はわたくしミーコです。

血液検査。

診察台の上で固まってしまった次郎くん。
20180815-IMG_2256.jpg
去勢手術の前の血液検査をしに動物病院へ行ってきました。夕方行ったらたまたま混んでいて、待合室で待っている間に次郎くんは肉球に汗びっしょり。診察台に載せたらビビって固まっちゃいました。先生と看護師さんと奥さんと僕の4人がかりで押さえつけて、針刺し2回目で採血完了(ギャーギャー鳴いてあんまり暴れるので1回目は失敗)。検査結果は、診察の待ち時間に汗をかいたせいで体から水分が出てしまい、血液が凝縮されてヘマトクリット値が高めになってしまった以外は問題なし。そういえば、ニャンちゃんのときも待合室で肉球に汗かいてまったく同じパターンでしたw。いよいよ来週手術です。

ニャンコボール。

ニャンちゃんを毛繕いして取れた大量の抜け毛をコロコロ丸めて作った100%ニャンちゃん製のベージュ色したニャンコボール。これを次郎くんに1つ与えてみたら、しばらく楽しそうに遊んでから・・・
20180821-IMG_1861.jpg
それ咥えてどこに持って行くの?
20180821-IMG_1862.jpg
アートボード 6-af
アートボード 3-af

夢中になって遊んでいると鼻にシワが寄っちゃう仕草とか、お兄ちゃんにそっくりでますます可愛い次郎くんでした♪
20180821-IMG_1894.jpg
ちなみに子猫の次郎くんはニャンちゃんほど抜け毛が取れないので、次郎くんの抜け毛で作ったグレーのニャンコボールはまだ卓球のボールくらいの大きさです。

macOS Mojaveのパブリックβ版をVirtualBoxの仮想環境にインストールした話。

2ヶ月以上も前の話ですが、6月5日のWWDC 2018でアップルが公開した次期macOS Mojave、これのパブリックβ版が開発者向けだけではなく、一般ユーザーでも入手可能で、実際に自分のマシンにインストールして動かすことができるということで、、、新しいOSのダークモードやデスクトップアイコンのスタック表示がやたらとお洒落で格好良く見えて、Apple信者的にはこれはやってみないわけにはいかないなと思っておりまして、まとまった時間の取れる夏休み、そして6TBの外付けHDDを導入して余裕のあるストレージ環境という絶好のタイミングなのでじっくり試してみました。

HDDに新しいパーティションを切ってそこに新規インストールというのがいちばん真っ当な方法かと思うのですが、もし万が一操作をしくじって最悪今の環境が起動不能になったり、未完成なβ版のバグによって想像もつかない不測の事態に陥ったりする可能性もないわけではないので、もっともリスクの少ない、しかも手軽な方法はないものかといろいろ調べたら、、、見つけました♪。VirtualBoxの仮想環境にMojaveをインストールする方法。なるほど、仮想環境なら前述のような不測の事態や最悪の結果に陥ることなく、100%安全に新しいOSを試せるじゃないか。

ほぼ丸一日がかりで(やり方はここでは割愛)、macOS Mojaveの起動に成功♪。ただし、残念ながら仮想環境ではグラフィックのアクセラレーションがぜんぜん効かないので動きがもっさりガクガクしていて全く実用にはなりません(泪)が、新しいOSの雰囲気を感じてみるだけという目的なので今回はこれで十分。
スクリーンショット 2018-08-19 125408のコピー

ダークモードとデスクトップアイコンのスタック表示を実際に試してみたら・・・クッソ格好いいじゃないか!これは秋の正式リリースが待ち遠しいなー。
スクリーンショット 2018-08-19 131422のコピー

とりあえず何でもデスクトップに保存していくといつの間にかデスクトップがアイコンだらけというのはよくあることで、スタック表示を使うとすっきり片付きそう。

mojabe_stack.gif

いつの間にかパソコン机の横のソファに次郎くんがやってきて、OSのインストール作業に付き合ってくれました。
20180812-IMG_1527.jpg

iMacの外付けHDDにG-Technology (HGST) G-DRIVE USBを購入した話。

前回の続き。
外付けHDDを購入しようと思っていろいろネットで調べた結果、Mac用にはG-TechnologyなるメーカーのHDDがたいそう評判がよろしいらしい。AppleストアのMacアクセサリでも売られているし、しかも中身のハードディスクがHGST製(信頼と実績の旧日立)となればもうこれ一択。昔からハードディスクといえば、Western DigitalやSeagateよりも日立のほうが信頼性では上というイメージ。

USB3.0よりもはるかに高速なThunderboltも使ってみたかったのですが、こちらはだいぶ割高でコスパが良くないので接続はUSB3.0で。そして1TBあたりの単価がいちばん安いのは6TBの製品(これもコスパ重視)。買うものが決まったら手っ取り早くAmazonでポチって翌日届きましたよ。箱を開けたらさっそくニャンちゃんが危険物の持ち込みチェックをしにやってきました。
20180812-IMG_1481_20180819180957aee.jpg

それにしても最近ではハードディスクもだいぶ安くなってストレージ不足に困ることもなく良い時代になったものだなーとつくづく思います。以下は記憶がはっきりしている範囲でのメインマシンのストレージ環境の変遷。
① 10年以上前に使っていたパソコンはドスパラのショップオリジナルPC(Windows XP)。内蔵HD250GB×4台を搭載して合計1TB。(だいぶ前に壊れちゃったのでとっくの昔に捨てました。)
② 2012年の秋に購入したMacBookPro、128GBのSSD+外付けHDD1TB(もうじき丸6年、バッテリーの充放電回数が上限の1000回を超えて、かなりヘタってきてバッテリー駆動時間がだいぶ短くなってしまいましたがそれ以外は絶好調、サブ機として大活躍)
③ 2017年の冬に購入したiMac、Fusion Drive(2TB)+外付けHDD(6TB)で合計8TB、これであと5年以上は戦えるw

パソコン机の上段に設置しました。アルミっぽい銀色の筐体と白く光るアクセスランプのGマークがなかなかクールな印象。
20180819-IMG_1828.jpg
そしてデータの移行作業を開始。Lightroom導入前にMacの写真アプリで管理していたデータと、Lightroomで管理している2017年度分のデータ合わせておよそ800GBを外付けHDDに移動。HDDが作動し続けると筐体がかなり熱くなって(ずっと手で触り続けられないくらい熱い)心配なので、ヨドバシでUSB扇風機を買ってきて空冷してみたらバッチリ冷えてます♪。

データの移行が終わったところで、内蔵HDD/外付けHDDのそれぞれに保存されたRAWデータ20枚をLightroomでJPEGに書き出して、その作業にかかった時間を比較するというテストを行ってみました。結果は
内蔵HDD  32.9秒
外付けHDD 39.1秒
ほとんど変わらないじゃん!

ベンチマークソフトでディスクのread/write速度を比較してみたら、内蔵ディスクのほうはFusion DriveのSSD128GB分がかなり効いているのか、ベンチマークの数字ではだいぶ差が出ちゃいましたが、実際に使ってみたら体感するほどの速度差はないよなーという印象。なかなか良い買い物だったのではと思います。

Canonのカメラのショット数(シャッター回数)。

去年の夏、発表と同時にヨドバシで予約して発売日当日に手に入れた6D Mark II、1年間使っていったい何枚撮ったのだろう?ファイル名が9999でリセットされるから、何回リセットされたかを覚えているのでおおよその撮影枚数は把握しているのだけれど、正確な数字が知りたくてネットで調べてみたら、Canonのカメラって撮影した画像ファイルからショット数を調べることができないっぽいじゃん。以前使ってたSONY α6000では簡単に調べられたのに・・・。Canon機の場合ショット数を知るにはアプリを経由してカメラをPCに接続する必要があるらしい。しかもその手のアプリ、フリーウェアなのはWindows用だけでMac OSには未対応。結局、MacでCanon機のショット数を知りたければ有料アプリしか方法がなくて・・・、ShutterCountというアプリをApp Storeにて¥480で購入しましたよ!

使い方はアプリを起動してUSBケーブルでカメラとパソコンを接続するだけ。
20180819-P8190641.jpg
スクリーンショット
ショット数42562、けっこう頑張って撮ったじゃないかw。連写してるとあっという間に一回の撮影で500枚とか1000枚とか2000枚とかいっちゃうからねー。

ファイルサイズはRAWで撮った場合1枚あたりおよそ35MB。ちょっと少なめに見積もって、1年間で30000枚撮ったとしても、35(MB/枚)×30000=1050000MB=1050GB=1.05TB≒1TB!。写真データが年間1TBずつ増えていったらすぐにHDDがいっぱいになっちゃうじゃん!
昨年末に購入したメインマシンのiMac、2TBの内蔵ストレージの現在の空き容量は早くも半分を切って残りおよそ850GBといったところ。しかもこのiMacを使っているのは僕一人ではなくて、奥さんと共同利用なので、奥さんのOLYMPUSカメラで撮ったRAWデータも着々と増え続けており・・・うーむ、なんとなく心許なくなってきたw。

というわけで、増え続ける写真データのために外付けHDDを購入しようと思ったのでした・・・。続く。

花火大会。

昨日は地元の花火大会がありまして、自宅マンションの屋上に上がって三脚を立てて撮影しました。花火の撮影には三脚とレリーズケーブル(リモートスイッチ)は必需品。カメラの設定はバルブモード、ISO100、絞りF11、長時間露光時のノイズ低減OFF(これがONだと1枚撮る度にノイズ低減処理が走ってすぐに次の撮影が行えない)。そして背面液晶をぱかっと開いてライブビュー撮影に切り替えて、水準器で水平を確認したら撮影準備OK。(三脚立てて腰を据えてじっくり撮影するときは、6D2のバリアングル背面液晶はホントに便利♪)。あとはマニュアルフォーカスで遠くの空にピントを合わせてフォーカスを固定して、花火が上がったらリモコンのシャッターボタンを押し続けて適当なところで離すだけ。
20180818-IMG_1683.jpg

リモコンボタンが押されている数秒〜数十秒間はシャッターが開いて露光され続けるので、シャッターを開けている時間が短いと暗すぎて写らないし、欲張ってあんまり長いことシャッターを開けていると露出オーバーに。このあたりの兼ね合いをいろいろ試して試行錯誤しているうちに、45分間1800発の花火があっという間に終わってしまいました(泪)。
20180818-IMG_1712.jpg

ちなみに去年の花火大会も屋上に三脚立てて気合い入れてスタンバッてましたが、悪天候(雷雨)のため開始五分で中止。過去には曇り空で低く立ち込めた雲の中で花火が爆発して下からは全然見えないということもあったりこの花火大会は天候に恵まれないことわりと多い印象でしたが、昨日は久しぶりに風もなくて絶好の花火日和でした。
20180818-IMG_1715.jpg

実際に花火を撮影するのは今回が初めてのようなもので、なんとなくコツがつかめてきたなと思ったころには終わっちゃいました。
20180818-IMG_1741.jpg

↓長時間シャッターを開けすぎていっぱい写り込んで明るくなって失敗しちゃったパターン。
20180818-IMG_1700.jpg

欲張らずに1発分だけを露光して、あとはそれらを画像処理ソフトで重ね合わせて多重露光したらきっと綺麗なんだろうなーと思ったので、あとはまた来年w。
20180818-IMG_1745.jpg

うちの猫ちゃんたちはというと、次郎くんは、この子は生まれつき度胸があるというかなんというか、、花火の音もまったく気にせずいつも通り。今までのニャンちゃんは花火の音がドーンと聞こえると怯えてハンガーラックの奥に逃げ込んで出てこなかったのですが、今年はそんなこともなく平常心でご飯食べてたそうです。2匹一緒だとこういうときにお互い心強いのかな・・・?
20180818-IMG_1746.jpg
20180818-IMG_1772.jpg
20180818-IMG_1773.jpg
20180818-IMG_1778.jpg
20180818-IMG_1782.jpg
20180818-IMG_1783.jpg
20180818-IMG_1784.jpg
20180818-IMG_1801.jpg

小競り合い。

布団の敷きパッドの下に潜り込んで遊んでいたニャンちゃん、外に出ようとしてうっかりゴム紐が絡まってしまい、なかなか敷きパッドの下から出られずにもぞもぞともがいていら、お兄ちゃんのピンチを察した次郎くんが救出に・・・いや、ちょっかいを出しにやってきました。
おにいちゃんどうしたの?
20180811-IMG_1401.jpg

次郎くん、ちょっと助けて・・・。
20180811-IMG_1411_20180811211218521.jpg

ウガー!シャーー!!
遊んでもらっていると勘違いして、助けるどころかますますじゃれついてくる次郎くんにニャンちゃんおこ。
20180811-IMG_1418.jpg

先日動物病院で体重を測ったら次郎くん4.45kg。11月15日生まれだからもうすぐ9ヶ月かー。順調に育ってます。顔立ちもだいぶ大人っぽくなりました♪
20180811-IMG_1454.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。