ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太さんを溺愛する毎日
MENU

ハーネス練習中。

通販サイトからお散歩用ハーネスとリードが届いたのは一週間くらい前のこと。さっそくニャン太さんにハーネスを着せてみると、腰砕けになってバタリと床に転がったまま動かなくなってしまい、まったく歩けませんでした。

こ、これはいったい・・・?とあせった飼い主。「猫 ハーネス 動かない」等の検索ワードでググってみると、猫は何かを身に着けることがとても苦手で、ハーネスを着けると固まってしまうのはよくあることらしいです。でもこれではお散歩が捗らないので、あまりストレスにならない程度ほぼ毎日20分くらい、ハーネスに慣れる練習をしています。

夕飯前のお腹を空かせて最も学習効果のありそうな時間帯を狙って、大好きなちゅーるホタテ味をスプーンに盛って、ハーネスを着せられて不機嫌そうに転がっているニャン太さんの鼻先にそのスプーンをちらつかせて歩くように誘導したり、褒めたりおだてたり、おもちゃで一緒に遊んだりして、ハーネスへの苦手意識を払拭してもらおうと一生懸命取り組んだ結果、ハーネス装着5回目あたりからなんとか歩けるようになり成果が出てきました。
DSC00276.jpg

それまでは腰から下にまったく力が入らないような状態でしたが、ハーネスを着けていても動けることにやっと気がついたようで、ハーネスを着たままチューチュービームを追いかけて走ったりジャンプできるようになりました。(なんかぎこちないけどw。)

ハーネスにもやっと慣れてきたかなというところで公園デビューしてみました・・・が、樹上のセミの大合唱や、子供の走り回る嬌声など今まで聞いたことのない声や音に動揺してしまい、ボキの肩にしがみついたまま降りてくれませんでした。お家の中でリラックスしきっている下の写真に比べると、明らかに表情が固いなーw。
DSC00397.jpg

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。