ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太さんを溺愛する毎日
MENU

寄れるレンズで接近戦。

カメラの先生にマクロレンズで撮ってもらった写真。
12362716_1701784176709610_7945518924348075767_o.jpg
12374934_1701784190042942_1223002447917087433_o.jpg
12309761_1701784240042937_7572374862662288927_o.jpg
じっとしていない子猫との接近戦ではマニュアルフォーカスによる厳密なピント合わせがとっても難しいけれど、人間の目には見えない微小な世界が見えるマクロレンズ。

これを踏まえて、ボキの手持ちの寄れる方のレンズで撮ってみました。
ニャン太が眠そうにしてコロコロ転がりだしたときを狙って、
DSC09415.jpg
DSC09419.jpg
DSC09422.jpg
ホットカーペットの上で十分に体が温まっているので鼻が濃いめのピンク色。

伸びーー。
DSC09425.jpg

このあたりが最短撮影距離付近。
DSC09426.jpg
中央部分だけをトリミングして切り出せば、本物のマクロレンズにはぜんぜんかなわないけれど、マクロレンズ風な撮影は可能(=゚ω゚)ノ。

だんだん眠くなってきてもうすぐ電池切れ・・・。
DSC09435.jpg

だいぶホラー風味になってしまいましたがw、瞬膜が閉じる瞬間。
DSC09439.jpg
座卓の影でちょっと暗くなってしまったのが残念なのと、寄って撮るときにレンズフードがつけっぱなしだったためレンズフードの影が写ってしまうというありがちなうっかり。次は必ずレンズフードを外そう。

再起動完了。
DSC09452.jpg
DSC09449.jpg
DSC09455.jpg

残念、ブレちゃった・・・。
DSC09453.jpg

おまけ。
DSC09457.jpg

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。