ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子 ニャン太さんを溺愛する毎日
MENU

明るくふんわり。

カメラの先生に教えてもらった、室内でニャンコを明るくふんわり撮るコツ。露出+1。
DSC00018.jpg
こうして見るとだいぶ大人っぽい顔つきになってきたなと思います。一昨日耳の通院日のため動物病院で体重を計ったら1.72kg。この1ヶ月弱で約500g大きくなりました。500g・・・ヒレステーキに換算すると4,500円。高い!というか一人で500g食べきれる自信ないです。ちょっと前にペットショップで出会ったころの赤ちゃん時代の面影はもはやほとんどありません。子猫の成長って本当にあっという間・・・。

蛍光灯の明かりだけの夜の室内ですが、かなり明るく撮れるようになりました。とはいえ、レンズとセンサーの性能に100%頼りきっただけですがw。
DSC00035.jpg
上の2枚はSONY APS-C Eマウントの神レンズ(=安いのにめっちゃ写りが良いレンズ)と呼ばれる50mm/F1.8(換算75mm)

こちらは寄れるほうのレンズでマクロ風に。解放で寄るとピント合わせがとてもシビア。あ、もうちょっと絞ればいいのかw。
DSC00206.jpg

写真撮る前にハナクソ拭いてあげればよかったね。ごめんね。
DSC00210.jpg
下の2枚は価格.comで4.97という驚異的な高評価がついている24mm/F1.8(換算36mm)。これを登山で使ったら広角すぎて何をどう撮って良いのかわからず今まであまり出番がありませんでしたが、室内のネコ撮りではたいへん重宝しています。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。