FC2ブログ

ニャーニャー通信社

ブリティッシュショートヘアの男の子ニャン太と玉次郎を溺愛する毎日を綴る猫とカメラのブログ
MENU

ニャン太、3歳になりました。

ニャンちゃんは2015年9月10日生まれ。
ブリティッシュショートヘアの男の子。
色はクリーム&ホワイト。



いつの間には3歳。我が家にやってきて2年と10ヶ月。
まさか6キロになるなんて。
まさかもう1匹増えるなんて。
そしてこんなに可愛くて賢いいい子に育つとは。。

猫のいない暮らしに戻ることは不可能です。
今の生活がカラーだとすると、以前はモノクロ?

家族3人とも外で働いているので、長時間留守させるのが
心配で。だけどわたくしミーコの新しいパート先が
自宅から近くなので、昼休みの一時帰宅が可能になりました。
これで一安心。(それも転職の一因。)

猫が来てからの我が家の変化。

・ 当然ですが明るい話題が増えた。
・ カメラとレンズが増えた。
・ ブログ再開。
・ ますます外出しなくなった。
・ 多少部屋が片付いた。
・ メインのカレンダーが自作になった。
・ 当然年賀状も猫オンリー。
・ 洋服のオンオフの区別が更に明確になった。
  (紐付きのエプロンは全て処分しました。)

一生懸命お世話するので、どうか長生きして下さい。
ずっとずっと一緒にいようね。

20160124_030542000_iOS.jpg

生後4ヶ月半のニャン太さんです。
まだ全体に色が薄い。

今もあの頃も大事な大事な長男です。

インスタグラムもあります。
Instagram
中の人はわたくしミーコです。

スポンサーサイト

6 Comments

こせ says...""
いつも拝見させてもらってます。
ニャン太君、誕生日おめでとう。
可愛かったニャン太君も立派なお兄さんですね。
これからも玉次郎君と楽しく過ごしている所楽しみししてます。

そうそう猫中心な生活なので、写真、カレンダー、年賀状は猫一色です(笑)
2018.09.11 22:22 | URL | #- [edit]
mino says...""
はじめまして、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
そして、ニャン太くん3歳のお誕生日おめでとうございます。
ニャン太くん、すごく良いお兄ちゃんで優しくて賢いなぁといつも思ってました。
これからも玉次郎くんと仲良く、元気に過ごしてください♪
2018.09.12 10:30 | URL | #- [edit]
あずとま says..."にゃん太さん、お誕生日おめでとう!"
3歳のお誕生日おめでとうございます!
美味しいお餌にありつけましたか〜😋

にゃん太さんの、控えめながらも実はかまって欲しいというアピールがすごく可愛くて、つい昨日のことのように思い出されます😍💕

うちのトマトも、6kgのヘビー級です。
元気があれば何でもできる!体重があれば何でもできる!(猪木風)
また楽しいネタでブログを楽しませてください🎶
2018.09.12 12:44 | URL | #- [edit]
ミーコ says..."こせ様、こんにちは。"
コメントありがとうございます。

ニャン太さんは三匹兄妹の一番上で生まれたせいか?
(弟と妹がいるらしいです。見てみたい!)
意外にすんなりとお兄ちゃんモードに切り替わりました。

これからも色々発信していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
2018.09.14 18:00 | URL | #0DW/rr8Y [edit]
ミーコ says..."mino様、初めまして。"
コメントありがとうございます。

ニャン太さんは賢く優しく、神経質で少々キレやすいお兄ちゃんです。
自分のしてほしいことを目と鳴き声で訴えてくるので、育てやすいです。
ただ最近カメラをするっとかわす(目線をくれない)事が多く
困っております。

モデル料がちゅ〜るじゃ合わない!とでも思っているのでしょうか。。
2018.09.14 18:04 | URL | #0DW/rr8Y [edit]
ミーコ says..."あずとま様、こんにちは。"
美味しいご飯、、用意するのを忘れてしまいました。⇦ ダメ母

玉次郎くんとキャッキャウフフしていると、湿った目線を投げかけてくる。という事も激減しました。
一時期よりは落ち着きのあるネコネコライフかもしれません。

しかし6キロって重いですよね。
真夏に背負って歩いた時、何の苦行?と悟りが開けそうな境地に達せそうでした。
精神の安定ではなく、更新のペースを安定させたいと思います(あくまで理想ですが。。)。

2018.09.14 18:11 | URL | #0DW/rr8Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。